2014年04月01日

よもだそば いろいろ葉物のかき揚げそば

DSC00203.jpgばらのりとともにいただきましたが、これはおいしい。
posted by エヌ柿 at 18:00| Comment(0) | 蕎麦

2013年06月08日

笑日志(えびし)

Gozoに向かって歩いていると、手打ち蕎麦らしきお店を発見。
岐阜の房島屋は、米の味わいと酸味が強め。おもしろい。
DSC04756.jpg
DSC04755.jpg今日は田舎が終了とのことですが、細目の絹引きの方がおいしく感じたのは不思議。
少なくとも今夜はかなり時間がかかっていましたので、余裕のある時にゆったりした気持ちで訪れる方が良さそうな気がします。

DSC04757.jpg大阪市中央区 平野町1-1-2
06-6232-3733
日休

posted by エヌ柿 at 19:50| Comment(0) | 蕎麦

2012年09月30日

土山人 (八田)

DSC_0112.JPG以前稲庭うどんのお店があったはずのところ。9月2日オープンみたいです。あちこち増殖してますね。
細挽きせいろ、粗挽き田舎、出し巻き、季節の野菜天ぷら、太巻き寿司(半分)。
太巻き寿司は、やや甘め。天ぷらはからりとうまく揚がってます。
細挽きが、けっこうしっかりした食感と香り、田舎はかなり細目のせいか、細挽きにちょっと負け気味。
posted by エヌ柿 at 13:00| Comment(0) | 蕎麦

2012年08月05日

環7大谷田交差点からちょっと入ったあたりに最近できたお店。
DSC02333.jpg蕎麦味噌。お酒の種類が限られるのが、やや残念。
DSC02336.jpgだし巻きは上品な感じ。
DSC02334.jpg天ぷらはおいしいですが、なぜかちょっと水分を感じるのが不思議。
DSC02337.jpg合いもり。太めで平たい方は10割、細い方は9割だとか。エッジはきっちり。香りはそれほど感じませんが、きちんとしたお蕎麦。つゆは辛すぎず、出汁は単純ではない感じ。天つゆと共通する味わい。

DSC02338.jpgきつねそば。お揚げはあまくなく、焼いたタイプ。温かいものは、すぐにのびない田舎を薦めているそうで、特に聞かれませんでしたが、細くなかったのはありがたい。出汁は基本的にそばつゆと同じ印象。

ご主人は若いようですが、高校生のころから蕎麦打ち修行されたそうで、既に14年だとか。さらに料亭で修行もされたようで、なるほどそばつゆはそんな趣もある気がします。
うどんも打たれているようなので、カレーうどんなどもいただいてみたい気がします。

足立区大谷田3-4-15
03-3629-8788
日休
*今日は団体の予約があったので営業されていたのかもしれません
posted by エヌ柿 at 13:00| Comment(0) | 蕎麦

2012年08月03日

並木藪蕎麦

つゆが辛いらしいと聞く老舗を訪れてみました。
DSC_0079.JPGうーん。確かに辛い。ちょこっとつけていただく、伝統的なスタイル向き。
蕎麦猪口にどっぷりつけるようなやり方は、通用しません。
蕎麦湯で薄めても、薄めても、ちょっとしか飲めません。

蕎麦自体は決して悪くありませんが、香りやエッジも傑出しているような印象はなく、よくできた普通のように感じられました。

台東区雷門2-11-9
03-3841-1340
木休

8月6〜9日はお休みのようです。
posted by エヌ柿 at 13:19| Comment(0) | 蕎麦

2012年06月30日

鷹匠 (根津)

早朝から営業されているお蕎麦やさんを訪れてみました。眠いですが、朝の爽やかな空気が心地良い。
焙炉(ほいろ)せっとは板のり、板わかめ。ゆっくりほんのり炙ってというか温めていただくのは不思議な感覚。
深山はかなり太め。
DSC_0156.JPGつゆは細めながらエッジの効いたせいろの方が合うような気もします。東京らしくカツオ主体ですが、かすかな甘みで柔らかさもあり、個人的にもうれしい。

贅沢な朝食を楽しめました。

文京区根津2-32-8
03-5834-1239
月火休

posted by エヌ柿 at 09:19| Comment(0) | 蕎麦

2012年04月22日

きたむら (川西)

駅からほど近い、一見ありがちな蕎麦屋ですが、自家製粉石臼挽き。
今日は鴨せいろ、親子丼と温そばのハーフセットをいただいてみましょう。

DSC00910.jpg細めのシャキッとしたそばに、鴨の出汁が良く合います。辛さかげんもちょうど良い感じ。
DSC00906.jpg温かいそばだと柔らかくなるのが早いですが、キチンとエッジがある感じなのは好感。
親子丼は普通ですが、つゆ多めなのは個人的には嫌いではありません。

蕎麦湯は濃いめでどろっとしたタイプ。
どれにもわらび餅付いてるのがお得な感じ。

DSC00911.jpg手打ち生そば処 花屋敷 きたむら
川西市花屋敷1-12-3
072-759-0373

駐車場は団地の中に数台分ありますが、先にお店に来たことを示す紙兼案内図をいただく必要があります。

posted by エヌ柿 at 13:00| Comment(0) | 蕎麦

2012年03月17日

手打ち蕎麦 こたけ (伊丹)

わりと最近できたと思われる蕎麦屋に。
DSC00597.jpg天せいろ。定食より海老も多いそう。蕎麦はしゃきっとしていますが、つゆが私たちには濃いめ、やや甘目。最初からちょこにたっぷり入っているので、ちょこっとつけるのが難しい。
天ぷらは、蕎麦屋というよりうどん屋っぽい食感。

DSC00599.jpgにしんそば。こちらもお出汁やや濃いめに感じました。もちろんにしんでさらに濃くなっているところもあるのでしょうが、全体的な方向性かもしれません。

DSC00603.jpgだし巻。

おでんなどもあって、うどん屋的に使いやすいかもしれません。

伊丹市瑞穂町2-16-1-105 瑞穂マンション105
072-785-9800
posted by エヌ柿 at 12:30| Comment(0) | 蕎麦

2011年12月29日

そばいち (三田)

今年できたらしい蕎麦屋を訪れてみました。

河内鴨たたき、出汁巻き玉子、トマト串揚げ。
つまみで頼んだつもりですが、蕎麦の後に出てくるなど、順番が定まらないのはご愛敬でしょうか。
DSC00024.jpgだしまきは、おだしの味わいは弱めですが、わるくない。
DSC00023.jpg鴨はもうちょっと炙られた感じの方が好み。
DSC00019.jpgトマトはおもしろいですが、天ぷらとしては考えすぎかも。

DSC00022.jpgてんぷらそばぎり。
てんぷらはふつう。悪くはありませんが、蕎麦屋の、というよりうどん屋か家庭のもののような印象。
蕎麦は香りあまりなく、エッジはありますが、印象にあまり残りません。店内入ったところには十割石臼挽きとありましたが、そう意識しないとそんな風には感じません。そばつゆは関西らしく、やや甘めですが、いい感じ。

DSC00018.jpgたぬきそばは関西らしく、お揚げとのこと。別にいただいてみましょう。
おだしは関西にしては色合い濃いめ。味はくどくありません。そばはわりとしっかりした感じ。
お揚げは甘過ぎず、薄く、上品。

蕎麦湯は濃いタイプ。
DSC00025.jpg自由にいただける、揚げた蕎麦の実はおもしろく、あっさりとおいしい。もしかすると今日一番だったかも。

DSC00012.jpg三田市三田町26-3
079-563-1470

posted by エヌ柿 at 13:59| Comment(0) | 蕎麦

2011年12月18日

吟八亭やざわ (亀有)

なかなか機会がなかった有名店を訪れることができました。
限定20食の田舎せいろ、夫婦そばをお願いしてみましょう。
IMG_0314.jpg蕎麦味噌といたわさはお酒を引き立てます。
IMG_0315.jpgめふん。季節限定の鮭の腎臓。磯自慢に良く合います。初めてですが、いいですね。
IMG_0316.jpg玉子焼きはボリュームたっぷり。確かな出汁の味わいですが、しっかりした焼き上がり。

IMG_0317.jpg天だねもいただいてみましょう。けっこうゴマの香りが高い。油強めに感じますが、嫌みがなく、素材の味わいを押し出している気がします。

IMG_0318.jpg蕎麦つゆはちょっと辛めですが、しっかりした田舎や太打ちに合います。
IMG_0319.jpg田舎せいろ。

蕎麦湯は濃厚。辛めのつゆにちょうど良い気がします。

バランスが良く考えられた構成。良いお店ですね。
カレーうどんや鴨焼きなども、また機会があればいただいてみたいものです。

IMG_0313.jpg吟八亭やざわ
葛飾区亀有1-27-8
03-3690-8228

posted by エヌ柿 at 12:45| Comment(0) | 蕎麦

2011年11月14日

乃々 (清荒神)

駐車場からは参道をだいぶ下ったところ。最近よくあるジャズをかける蕎麦屋。
メニューに天ぷらがないのは、正月など混雑する際の対策でしょうか。

蕎麦豆腐、だし巻き、ざるそば、湯葉そばをお願いしました。
IMG_0446.jpg蕎麦豆腐は粘度が高く、しっかりした味わい。そばつゆ、薬味を加えても、またいい。
IMG_0447.jpgだし巻きは、かなり柔らかめ。出汁の味わいは弱めながらほんのり甘め。お醤油も甘めな気がします。
湯葉そばもおだしはあまめ。カツオ味も控え目。
IMG_0448.jpg蕎麦は意外にしっかり。
ざるそばは香りもあり、エッジも多少あり、きちんとしています。
そばつゆはやや甘めで色もやや薄目。こちらの蕎麦には合ってる気がします。

先ごろ7年目を迎えたそうですが、不覚にもちっとも知りませんでした。

手打そば処 乃乃
宝塚市清荒神3丁目13-19
0797-87-9687
posted by エヌ柿 at 12:53| Comment(0) | 蕎麦

2011年10月09日

曽呂利 (山田)

モノレールプレスに載っていたお店。
湯盛のせいろ、冷たいざる、穴子けいらんをいただきましょう。
IMG_0083.jpg軽く切った玉子に熱いそばつゆを入れ、それから蓋を開けると、そばが湯気を上げています。絡まないよう真ん中から取るのが良いそうです。
しゃきっとはしていませんが、ぐにゃりともしておらず、不思議な感覚。おいしいといえると思います。
IMG_0080.jpg普通のざるにも玉子がついてきますが、こちらはお好みで、とのこと。これも面白いですが、やはり慣れのせいか、そのままの方が自然な気がします。蕎麦の香りはあまり感じませんが、きちんとした食感と味わい。つゆもちょっと濃い感じではありますが、甘すぎず、辛すぎず、かつおが勝ちすぎていることもなく、良い感じ。

IMG_0082.jpg穴子はやや甘く煮られたものですが、しっかりと締まった食感。お勧め通りたっぷり薬味を入れると生姜が効いて、なかなかおいしい。蕎麦が多少柔らかくなってくるのはしかたありませんが、納得の範囲。

蕎麦は大盛りといった表現ではなく、斤の重量表示。おかげでいろいろ試すことができました。
お店の方々も感じ良い。こちらでもう27年営業されているそうで、ずいぶん昔にはこの近所に住んでいたこともあったのに、入らなかったのが残念に思われました。

曽呂利
吹田市山田北11番3-102号
06-6878-1321
水休
posted by エヌ柿 at 13:10| Comment(0) | 蕎麦

2011年09月17日

川上 (逆瀬川)

駅からすぐ近くの割烹。月水土のお昼限定で蕎麦を出しているようなので、訪れてみました。
DSC06075.jpgざる蕎麦と彩御飯。エッジが立ったきりっとした蕎麦。つゆは濃いめですが、くどくありません。さすが割烹。ワサビの効き方も割烹的でしょうか。
DSC06074.jpg蕎麦しゃぶと彩御飯。ミニ鍋でだんだん鴨の出汁がでてくるところに、しゃきっとした冷たい蕎麦をしゃぶしゃぶとくぐらせていただきます。
面白い趣向ですが、確かに蕎麦はのびず、変化を楽しめるのが楽しい。
鴨好きなせいもあるでしょうが、鴨出汁はもう気持ち強めでも良いかも。

大盛りでもお値段変わらず。良心的です。
夜はお酒の種類が限られていそうなので、良さそうですが、私たちには向いていないかも。

DSC06076.jpg割烹 逆瀬川 川上
0797-74-0178
宝塚市野上1-1-3

posted by エヌ柿 at 12:15| Comment(0) | 蕎麦

2011年04月03日

嶋田屋 (深大寺)

深大寺といえば、蕎麦。たぶん一番の老舗に入ることにしました。
DSC04428.jpg入口で先に精算する食券野菜天セットと釜揚げ天ぷら、各1700円をチョイス。
湯だめの釜揚げはどんどん軟らかくなります。温かいつゆはやや甘く、わさびがより強く感じます。
DSC04429.jpg普通のそばもやや平たく、香りは感じませんが、ツルリとしっかりしています。
こちらもつゆはやや甘めに感じます。

どちらも天ぷらはかすかに油っぽいようにも感じられ、まずまずといった揚がり具合。

調布市深大寺元町5-12-10
042-482-3578
posted by エヌ柿 at 13:31| Comment(0) | 蕎麦

2010年08月09日

そばの実 (福井)

こちらは禁煙のようです。ありがたいですね。

DSC02378.jpgとりあえずかりんとうが出てきました。さほど甘くありませんが、太い。
蕎麦はすべて十割とメニューに書かれていて、期待がたかまります。
おろしそば630円を、かつおだし、しょうゆだしの2種類いただきましょう。せっかくなので、そばいなり、そば豆腐、そばコロッケもお願いしてしまいました。
DSC02380.jpgこちらはしょうゆだし。さきほどの生醤油に近い感じですが、もう少し醤油の味と香りが強めに思えます。
肝心の蕎麦は十割のはずですが、期待していた黒っぽい田舎とは違って白っぽく、やや柔らかい。また香りはあまり感じません。
DSC02381.jpgかつおだしは別につゆが出されますが、雰囲気はぶっかけ。両方試しましたが、ちょこよりやはりぶっかけのほうが合っている気がします。
蕎麦の味わいは同じ。
そばいなりはかなりおいしく、これは良いものをいただいた気がしました。そば豆腐もおいしい。
DSC02382.jpgコロッケは、若干無理を感じます。衣がカッチンカッチンで、選択の余地なく最初からかけられたウスターソースの味が勝っています。

お腹はいっぱいになりましたが、どうも私たちには福井の蕎麦の良さがいまひとつピンと来ません。まだまだ修行がたりないのでしょう。

DSC02377.jpg石挽き そばの実
福井市高柳町32-3
0776-54-7562
posted by エヌ柿 at 13:20| Comment(0) | 蕎麦

一福 (福井県池田町)

武生インターで高速を降りると、カーナビの指示が途中から狭い林道になって肝をひやしましたが、なんとか到着。

禁煙なのが週末だけらしいのが残念。最初から蕎麦湯が出てきました。
各650円のおろしそばを塩だし、醤油だし、生醤油でいただいてみましょう。
DSC02376.jpgなるほど。塩だしは確かにあっさりしていますが、出汁の味わいがきちんとあって、なかなかおいしい。ただ太さのせいか、蕎麦がもっさりとして、ややうどんっぽい口当たりにも感じられるのは、ちょっと残念。香りもほとんど感じられません。
生醤油はさほど醤油っぽさは強くありませんが、説明にあるほど甘くも感じません。
醤油だしは、やはりこちらでの普通なのでしょうか。悪くありません。

おろしは、やはり辛くて心地良い。これは福井の蕎麦らしいところなのでしょう。

DSC02373.jpg一福
池田町稲荷34-24-1
0778-44-6121


posted by エヌ柿 at 11:38| Comment(0) | 蕎麦

2010年05月03日

理庵 (鹿の子台)

三田の方の未訪だった2店に電話してみると、どちらも「この電話は現在つかわれておりません」。閉店? 事情は分かりませんが、別のお店に目的地変更。

5月の月替わり、桜えびのかき揚げそば、十割せいろ、合鴨のねぎ塩焼きをお願いしました。
DSC01857.jpg確かに季節ものですが、かき揚げ単体として、もうちょっと頑張って欲しい気がします。蕎麦はエッジがあり、つるりとしていてまずまずですが、ちょっと重たい感じ。皿蕎麦と同じ様子なので、ちょっと目指す方向が自分の好みと違うのかもしれません。
DSC01858.jpg十割の方が白っぽいのは面白い。なぜかこちらだけには辛味(?)大根が添えられています。
あまり香りは立たず、ぼそっとしていないのは良いのですが、食感も味わいもあまり十割っぽくない印象。

DSC01859.jpg合鴨はわりと普通。燻製とかにした方が印象には残りやすいかもしれません。

そば湯はさらっとしたタイプ。
混んできた様子でしたので、デザートは断念。
お酒もあり、近所の方には便利なお店なのではないかと思います。

神戸市北区鹿の子台北町 1-2-10
078-953-3235
水休
posted by エヌ柿 at 12:51| Comment(0) | 蕎麦

2010年05月02日

隠れ庵 (川西)

イズミヤのすぐ裏手のお店に来てみました。
二八の天ざると十割をいただいてみましょう。DSC01811.jpg二八は十割と同じくらいのちょっと太めですが、香りもあって、意外においしい。
天ぷらは野菜の甘みのある味わはがおいしい。
DSC01812.jpg十割もぼそっとせず、わりとおいしい。

たぬきをお揚げ別で追加。
DSC01813.jpg上品な出汁と、甘すぎないお揚げの味わいがなかなかおいしい。

DSC01814.jpgこちらの蕎麦湯はそばがき。面白いですが、普通のものも欲しい気もしました。

出汁巻きなど蕎麦屋らしいあてやお酒などは見当たりませんが、ボタン鍋などもある様子。
いかにも人のよさそうなご主人が、丁寧に見送られました。

期待値が高くなかったせいもありますが、悪くないお店だと思います。

隠れ庵
川西市多田桜木1-8-32 光家ビル201
072-792-5444
posted by エヌ柿 at 13:41| Comment(0) | 蕎麦

2010年04月17日

松翁

DSC01597.jpg穴子の煮凍り。見た目もお味も、素晴らしい。
DSC01598.jpgさらりとした味わいの渡舟とともにいただくと実においしい。
DSC01600.jpgけんちん汁。あたたまります。味わいも優しい。

天ぷらも、噂通りおいしい。蕎楽亭同様、蕎麦屋の天ぷらではなく、へなちょこな天ぷらやを遥かに上回っています。
DSC01601.jpg海老。くさみも全くなく。ふっくら。
DSC01602.jpg小茄子としし唐。野菜の甘みがそのまま。
DSC01604.jpg穴子。あっさりしながらふんわり。穴子好きにはとてもうれしい。
DSC01606.jpg稚鮎。苦みの中に甘みがある大人の味。お酒には絶妙。
DSC01607.jpgベビーコーンと空豆。

そして蕎麦。
DSC01609.jpg田舎はしっかりしていて香りも高い一方、ぼそっとせず、わりとなめらかな食感。
DSC01610.jpg2色もいいですね。
DSC01611.jpgそばつゆは、しょうゆのみの違いだそうですが、濃口と薄口が選べます。自分には薄口の方がカツオの香りが強めに感じられたような気がして好みでしたが、人それぞれの好き好きだろうと思います。

堪能しました。ぜひまた再訪したいですし、こちらのうどんも、機会があればいただいてみたいものです。
松翁松翁
千代田区猿楽町2-1-7
03-3291-3529
posted by エヌ柿 at 12:39| Comment(0) | 蕎麦

2009年03月14日

木田 (豊中)

大月さんのところに行くついでに立ち寄ってみました。
店内はけっこうおしゃれな感じ。やはりジャズが流れています。

いまはわりと余裕があるのでそばがきもできるとのこと。ラッキーです。
090314_1413~01.JPGそのそばがき。

090314_1413~02.JPG鯛わたの塩辛。やはりお酒向きの珍味ですね。

090314_1414~01.JPG春野菜の天ぷら。
新たけのこ、アスパラ、たらの芽、雁足、新じゃがいも、ブロッコリー、カリフラワーなど。とにかく野菜としての味わいが濃くておいしい。
090314_1421~01.JPG合鴨の塩焼き。見た目ほど濃い味ではなく、わりとあっさりしています。

090314_1429~01.JPG粗挽き十割そば。
十割蕎麦は香りこそ強くはありませんが、エッジが立って味わい深い。関西らしい、やや甘めの蕎麦つゆがおいしい。

090314_1431~01.JPG青ねぎ辛味そば。
変ってますが、なかなかおいしい。やはり出汁が関西風という気がします。蕎麦はさすがに柔らかくはなりますが、わりとしっかりとしています。

090314_1440~01.JPGぜんざい。

なかなか良いお店ですね。車で来たので燗にもこだわっている様子のお酒をいただけないのが、とても残念です。

蕎麦屋 木田
豊中市東豊中町5丁目30-25 ハイツ宮由1F
06-6848-5455
火休
11:30-15:00 (L.O.14:30)
17:00-21:00 (L.O.20:30)
posted by エヌ柿 at 14:49| Comment(0) | 蕎麦