2006年02月20日

ブラッセルズ 神田店

ちょっと迷いましたが、せっかくここまで来たので、神田店に来てしまいました。
詳しくはこちらをご覧ください。
posted by エヌ柿 at 21:30| Comment(0) | ベルギービール

2006年02月10日

Les Hydropathes

シェリーを堪能して、気持ち良く出た後、銀座線に乗って渋谷に向かいました。
詳しくはこちらをご覧ください。
posted by エヌ柿 at 23:50| Comment(0) | ベルギービール

Belg Aube (六本木)

待ち合わせまで時間があるので、六本木に出かけました。
詳しくはこちら
posted by エヌ柿 at 18:30| Comment(0) | ベルギービール

ブラッセルズ 神谷町店

せっかく東京に来ていて、時間もあるので神谷町へ。
詳しくはこちら
posted by エヌ柿 at 14:30| Comment(0) | ベルギービール

2006年01月31日

ブラッセルズ神田店

ついついふらふらと行ってしまいました。
Brunehaut醸造所のBrunehaut Blanche Biologique生があったのでいただきました。一口目はしゃっきりしておいしいと思ったのですが、だんだんブロンドっぽい味わいがしてきて、底のほうに近づくと、ちょっと好きじゃないブロンドのような感じがしました。不思議です。
Urchonの小瓶を冷蔵庫で見つけたので、初めていただきました。大瓶よりちょっと軽いような気がしましたが、ダークなものらしいしっかり感もあってなかなか良かったです。
店長さんは16日からベルギーに行かれるそうです。トゥルネーとブリュッセル滞在予定だそうですが、楽しい旅になることをお祈りしています。
posted by エヌ柿 at 22:00| Comment(0) | ベルギービール

2006年01月28日

グラン・ドルフィンズ

四方店長が1月いっぱいでおしまい、ということなので、嫁と久しぶりにグランに行きました。
お話しやすい入り口近くのカウンター席は、先にどなたか予約されているようでしたので、奥の方に座りました。後で来られたそちらの方たちも、やはり四方さん目当てだったようです。
水曜に渋谷で飲んだBarbar Winterbokの生があり、嫁が頼みました。状態は同じような感じに思えました。私はHoogardenと、後でAvec les bons voeuxを頼みましたが、ボン・ブーは温度のせいか、かなり生臭さを感じました。
以前から食べてみたかった、禁断の果実を使ったボロネーゼは、スパゲティではなくショートパスタと判明しましたが、やっといただけました。味的には、どうしてもブリュッセルのBier CircusのChimayを使ったものと比べてしまうので、良い悪いではなくちょっと物足りなく感じてしまいますが、これはキッチンの限界もあるだろうと思います。
これから四方さんはベルギービールからは離れるものの、やはり飲食業界で仕事を探されるそうです。ご健勝をお祈りします。
後任の店長は曽木さんだそうです。これからドルフィンズのメニュー等の絵は誰が描くことになるのか、ちょっと気になります。
posted by エヌ柿 at 23:00| Comment(0) | ベルギービール

2006年01月20日

ドルフィンズ 天満橋店

年明けに来たことをすっかり忘れて、いきなり年始の挨拶してしまいました。恥ずかしい。
Hoegaardenの大瓶が入ったとのことでいただき、Leffe Vieille Cuveeの新旧が比べられるということなのでいただきました。最後にAbbaye des Rocsのクリスマスを頼むころには完全にヘロヘロでした。
高森さんが帰ってきてから天満橋の料理は本当においしくなりました。お米のようなリゾーニは、今度違う味付けでもいただいてみたいと思いましたし、プリンもしっかり味わいました。
posted by エヌ柿 at 23:59| Comment(0) | ベルギービール

2006年01月18日

Les Hydropathes

久しぶりに渋谷のイドロパットに行きました
9時15分ぐらいに入るとガランとしていてびっくりしましたが、ちょうど貸切パーティの後だったそうです。黒板などを出そうとされているところでした。メニューも新しくなったとのことでしたので、どうせ生を頼むのだから、と思いながらも見てみると、「おや?」ワロン以外のもあるではありませんか。ここはワロン地方のビールに絞っていたはずでしたが、欠品が少なくないので、それ以外も置くようにしたとのことです。

とは言え、まずはGrisette Blanche (生)
あいかわらず、サッパリしています。

黒板を見せていただくと、「うさぎとまいたけのラグー」が気になったので、頼ませていただきました。いつもながらシェフさんのはおいしい! うさぎは言われなければツナとも思いそうな感じでした。パスタはよくソースになじんでいます。
せっかくなのでBoon Gueze 37.5clをお願いしました。まさかここで飲むと思いませんでした。
最近飲んだ大月さんの大瓶に比べるとちょっと線が細い気もしましたが、お料理には合っていると感じました。\1200は、ここなら普通か、あるいはお特かもしれないと思います。

最後にDucassis 生をお願いしました。フルーツビールながら甘くないのは、いつもながら不思議ですが楽しめました。

ふと気づくと、10時ごろまでには、既にほぼいっぱいになっていて驚きました。さすが渋谷、あるいは東京というところなのでしょうか。ここにあるのはオシャレな衣に包まれたこだわり、という気がしました。これは残念ですが大阪には(今のところ)ないものだと思います。
posted by エヌ柿 at 23:30| Comment(0) | ベルギービール