2007年04月04日

四川料理 川菜館 (御茶ノ水)

雑誌の記事でみかけたお店。四川らしいので訪れてみました。
P1030093.jpgメニューの説明によると、担々麺は有名な成都の軽食で、常に宴席のお菓子としています、とのこと。お菓子がく〜(落胆した顔)だったんですか?
丼というより茶碗に盛られたものは、わりとあっさりしていてぴりりと辛いという感じ。花椒の香りもそれほどは強くありません。麺は細め。ややぼそっとした感じですが、エッジもしっかりしていておいしいです。
スープは多くはありませんが、汁無しではないのが個人的には残念です。
量少なめなので、一人で他のメニューも食べても、それほど負担ではありません。

P1030094.jpg麻婆豆腐はなんと紙鍋仕立て。これは驚きました。お味の方は、しっかり花椒も効いていて辛さもけっこうあります。不思議なのはのっているお肉。挽肉がちょっと乾燥でもしているような食感で、一緒になにかを刻んで空焼きでもしているのでしょうか。でもおいしいです。
P1030095.jpg横から見るとこんな感じ。

現地の方らしい厨房の方もさわやかで感じが良いです。また他のお料理もいただいてみたいです。

四川料理 川菜館 センサイカン (グルメGYAO)
千代田区神田駿河台3-7-7
03-3295-3818
11:00-23:00 (L.O.22:30)
無休 土日祝は定価より10%OFFのようです
posted by エヌ柿 at 20:20| Comment(0) | 担々麺
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。