2009年04月23日

敏銭戸 再訪(九段)

今日はチョーメン900円があるみたい。お願いしましょう。
090423_1211~01.JPG麺は軟らかいですが、軽くスパイシーで、面白いですね。

スタッフとお客さんのコミュニケーションが、いまひとつスムーズではない印象も受けますが、うまくいってほしいものです。
ナン以外を頼むお客さんが増えて欲しいとも個人的には思っています。

2009年04月20日

木田 (肥後橋)

わりと最近オープンしたらしい讃岐うどんのお店。
釜玉600円にかやくご飯200円をプラスしてお願いしました。
090420_1201~02.JPG玉子はいい色。かやくご飯もかなりおいしいです。
うどんは気持ち軟らか目ですが、悪くはありません。普通くらいでしょうか。

江戸堀 木田 讃岐うどん
大阪市西区江戸堀1丁目23-31
06-6441-1139
日祝休

2009年04月18日

さらにパワーアップしたルナ・パルパドス

リニューアルすることは知っていましたが、扉を開けるとまるで感じが違うので、一瞬違うお店に入ってしまったのかとびっくりして、一度ドアを閉めてしまいました。
カウンターなら予約不要かと思っていたのですが、念のため電話した際のスタッフのお勧めに従って予約しておいて正解。私たちの後にも続々とお客さんが来られているようです。

P1090540.jpg青柳。ちょっとざらっとした食感がありますが、おもしろい。

P1090541.jpgマテ貝。思ったより大ぶりですね。ぷりっとして、ジューシーでおいしい。

P1090542.jpg巻貝のアヒージョ。淡路から送られてくるもののようですが、何の貝だか、良く分からないそうです。見ても当然分かりません。でもしっかりした身はオリーブオイルに負けていません。
P1090561.jpg後で見せていただいた現物がこちら。

P1090543.jpg竹の子のイベリコ豚チョリソーとチーズのソース。フレッシュでとてもあっさりした味わいが、濃厚なソースとあわせると深い味わいに変わるコントラストが絶妙。パプリカもちょっとピリッとした味わいを加えている気がします。

P1090547.jpgイカ墨ごはん。ポーションが小さいので、ちょうど良い口直し。辛かったりするわけではないのですが、なんだかカレーっぽい印象を受けます。

P1090548.jpg鱧のフリット。あっさりとした身が、ふわっと揚がっていて、いい感じ。西宮で採れた菊菜のサルサヴェルデでいただくと、またオツな感じでおもしろい。

P1090549.jpgイカ墨のフィデウア。しっかりした出汁がおいしい。自分たちで底の底までバリバリこそげていただきました。このお焦げがいいんですよね。

P1090557.jpgカネロニ。スペインか? とも思いますが、けっこうおいしい。ワインにはいいですね。

P1090544.jpgボトルでいただいたワインは、ちょっと私たちには軽めでしたが、デキャンタで多少冷やすと味わいも微妙に変わっていって、楽しめました。
P1090551.jpg他、いろいろいただきましたが、このオロロソも良かったです。

さらに進化したルナ・パルパドス。やっぱり良いお店ですね
posted by エヌ柿 at 19:30| Comment(0) | スペイン料理/ワイン/バル

2009年04月09日

敏銭戸 南インドカフェ&バー (九段)

たぶん以前はなかった靖国神社向かいの2階にあるお店に入ってみました。あいにく満席でしたが、少し待って入れました。
タイカレーやカレーラーメンがあるのは、ちょっと腑に落ちませんが、チラシを見ると店主自らタイ人にマナだ本格派だとか。
やはりフルミールス1200円をいただいてみましょう。
090409_1243~01.JPGミニライスとかかれていたのに、ないな、と思ったら、女性スタッフの説明でヨーグルトライスだと分かりました。
なかなか良いですね。ライスも選べるそうですので、そちらの方も良さそうです。
夜はドーサなどもあるそうです。

South Indian Restaurant Vincent Cafebar (ぐるなび)
千代田区九段南2-4-12 アビスタ九段ビル2F
03-5276-6150

2009年04月08日

まい泉

090408_1302~01.JPG所用のついでに、少し足を伸ばしてみました。随分久しぶりですが、相変わらず混み合ってますが、おかげさまでカウンター席にすぐつくことができました。
黒豚上カツ重をいただきましょう。
昔初めて来た頃はもっと感激したような気もしますが、シャーベットもついて1420円は決して悪くないと思います。
posted by エヌ柿 at 13:19| Comment(0) | その他/日記

2009年04月03日

Lon's Dining (九段南)

090403_1256~01.JPG靖国神社あたりでは、桜が綺麗ですね。
そのかわりすごい人出で、九段下方面には行けそうにありません。
少し戻って裏手の中華に来ました。随分以前に一度担担麺を食べたことがあるような気がします。
今日は麻辣麺950円をいただいてみましょう。
確かに辛さと痺れる味わいがしっかり。生卵の他、キャベツなど多めの野菜が入っている具を変えて担担麺もこれで出してもらいたいくらいです。
ただ量が多いのは年寄りにはちょっときつい。太いメンマも、個人的には苦手です。

後から前回の記事を確認すると、今回別のお客さんが頼んでいのを見た担担麺とはまったく見かけが違います。四川風と書いてあるようなので、メニュー全体も見直されているのかもしれません。

チャイニーズダイニング Lon's Dining 三番町
千代田区九段南2-7-1 喜京屋ビル1F
03-5212-3338

2009年04月02日

DAKSHIN 再訪

今夜は嫁さまとディナーにやってきました。
事前にサイトを確認すると、ずいぶん充実しているのにびっくり。前回訪れた際には、まだ表紙のイメージしかなかったような気がします。

まずはワダ。
P1090496.jpg複雑な味わいがぎっしりつまったような感じで、確かにおいしいですね。
P1090497.jpg断面はこんな感じ。

P1090498.jpgチキン65。なぜ65というのかは諸説あるようですが、自分でいただくのはこれがはじめて。辛くはありませんが、からっと揚がっていて、中はわりとジューシー。浸みこんでる複雑なスパイスがおいしいです。お酒にはもってこいですね。

P1090500.jpgパニール・ティッカ。玉ねぎは一部やや生っぽい感じのところもありますが、火の通ったトマトやチーズはおいしい。

ドーサはどれにするか迷いましたが、玉ねぎにしてみました。
P1090499.jpg熱くないですか、とシェフさんに尋ねると、やっぱり熱いとのこと。やっぱり。
P1090501.jpg良い色になってきました。
P1090502.jpgこれでハーフ。巨大な鉄板ではレギュラーも問題なさそうですし、食べてはみたいものの、何人かで来ないときっと無理。
玉ねぎのやさしい味もおいしい。ただどうしても具がばらけてしまうのが難しい。次は卵やキーマ、もちろんマサラも試してみたいです。

ラッサムは2種類頼んだつもりでしたが...
P1090504.jpg味はほとんど同じ。自分はそれでもちょっとだけ違うかと思ったのですが、あとでオーナーのお姉さんに確認すると、同じだとか。もしかすると具がちょっとだけ違ったのかもしれませんが、嫁さまの健全な舌に負けました。
何度確認しても「違う」と言っていた男性スタッフは、もう少し日本語の勉強が必要みたいです。あるいは私がもっとインド料理のことを学習すればOKなのかもしれません。

P1090505.jpgラム・チュッカ。それほど辛くはなく、やや濃いめの味ですが、肉らしい味わいがおいしい。

P1090506.jpg蓋をした土鍋で出されたのは...
P1090507.jpgタミル地方のエビカレー。ココナツの味わいがさわやかなスパイスとともに広がりますが、海老の出汁もでていて、深い。これはおいしいですね。甘めのココナツが苦手な人でも、これはいけるかもしれません。

やっぱりこれにはご飯でしょう。
P1090508.jpgバスマティライスはさすがにカレーにぴったり。べたっとせず、香りも良いですね。なれない方は苦手かもしれませんが...

ネットの評価で気になっていながらメニューで見落としていたカリフラワー・マンチュリアン。
P1090509.jpgこれはとても変ってます。それにおいしい!
食感はまるでお肉のよう。トマトソースはちょっと煮詰め過ぎたイタリアンのよう。
ご飯にも、さっぱり目のお酒にも合います。

デザートもいろいろありますが、オーナーさんとも相談しながら選んだのはケサリ・バット。
P1090513.jpg適度に甘くて、不思議なハーブの味わい。説明されてなるほどと思ってのですが、黄色をつけているサフランの味わいです。
セモリナ粉で作る南インドのケーキ、ということでてっきり小麦粉で作ったものかとおもったら、米を細かい粒に砕いたものだそう。それを戻して作るようです。
おもしろいですね。

お酒の方は、インドのワインを中心にいただきました。
P1090494.jpg白はまずまずだったのですが、赤は私たちには漂白剤にも似た味わいのように感じられてギブアップ。無理を言って他のも確認していただきましたが、やはり同じ味わいなので、チリのものにスイッチしました。
他のお客さんにはけっこう好評だとのことなので、私たちの好みの問題なのでしょう。以前ムットさんのところでいただいたものは悪くないと思った記憶があるのですが、今回のものは同じ醸造所の別のものだったようです。オーク樽熟成の香りでしょうか。

でもとにかく満足。
次は誰か誘って、大人数でいろんなものを食べてみたいです。

DAKSHIN ダクシン
中央区日本橋馬喰町1-12-1
03-3249-9155
無休
posted by エヌ柿 at 19:00| Comment(0) | カレー

2009年04月01日

はまぐり (新宿)

貝好きな嫁さまと、与力様に教えていただいた貝料理専門店にやってきました。

まずは牡蠣。
P1090480.jpgやや小ぶりな長崎産と、三重産。どちらもおいしい。

煮貝盛合わせ。
P1090482.jpgトコブシ、しったか、えぞばい、姫サザエ、白ばいなど。それぞれ微妙に食感、味わいは違います。

刺身盛合わせ。
P1090483.jpgほやは生臭さがちょっと心配でしたが、食べられました。新鮮だからなのでしょうが、ややしがっとしたえぐみもある味わいに慣れていないせいか、おいしいとは感じられませんでした。

昆布焼き盛り合わせ。
P1090485.jpg

昆布めし。
P1090486.jpgメニューには40分かかると書いてあって覚悟しながらお願いしたのですが、最初の注文が入った際に11人分まとめて作るのだそうで、すぐいただくことができました。ラッキーです。

あさりのぬた。
P1090487.jpgあさりが大きいのでしょうか。かなりしっかりした食感と味わいです。普段食べてるのがしょうもなさすぎなのかもしれません。

みそ玉。
P1090488.jpg薄手の土鍋で貝を焼き、スタッフが味噌と玉子を混ぜてくれます。
こちらの2番人気だそうで、では1番人気は、と尋ねると、小柱の揚げ餃子だとのこと。

いろいろ変わった貝を食べられて、とても満足。新鮮な貝をこれだけ確保するのも大変なことが想像されますので、都内でいただけるのはありがたい。
ただ、だんだん貝の味わいが続いて単調な気がしてくるのと、お酒がやや限られているので、続けてリピートしたいとは思っていません。煙草の煙で貝の味がマスクされることがあるのも、ちょっと残念。
やはりこうした鮮度が勝負のものは、現地に出向いていただくのが一番なのかもしれません。

新宿区新宿3-8-4 矢儀ビル1F
03-3354-9018
日祝休
posted by エヌ柿 at 19:00| Comment(0) | 和食