2008年10月30日

嘉泉 (銀座)

特製タンタン麺は汁無し不可とのこと。小鉢の麻婆豆腐とお願いしました。
081030_1248~01.JPG辛さ、痺れる味わいはほとんどありませんが胡麻ソースには細かく刻んだ野菜?が入っていて、味わいは深い。
ただベースのスープは醤油味で、やや単調に感じられました。
麺はかなりの細麺。それでもわりとしっかりしています。

麻婆豆腐は若干痺れる味わいと辛さはありますが、ほどほど、という感じ。

やはり銀座ではあまり強烈なものは似合わないのかもしれませんね。

銀座嘉泉 (ぐるなび)
中央区銀座7-2-17 不二家本社ビル1F
03-3573-4010
日休
posted by エヌ柿 at 15:26| Comment(0) | 担々麺

2008年10月29日

まづいや (亀有)

不思議な名前のおでんやさんを訪れてみました。
以前立ち寄ったことはあるのですが、その際は満員。この日も2階で宴会だそうで、そのせいかおでん種はかなり限られている模様。

P1080034.jpg
おでん種が、どれも大きいexclamation
ただ、繊細な味わいは期待してはいけないような気がしますふらふら
モツ煮込みも、下町らしく(?)、私たちにはしょっぱめで、汁たっぷり。

P1080035.jpg
お好み焼きも、めちゃでかい。分厚くて粉っぽくて、キャベツは少ない。お皿の上、お好み焼きの下にソースが敷かれているのも変わってます。
とは言え、嫁さまによれば、どこか東京の有名店が、やはりこうしたスタイルだったとか。期待はしていませんでしたが、やはり関西の人間が納得できる東京のお店を見つけるのは難しいのでしょう。

いまどきAの素の瓶が卓上にあるのも珍しいお店ですが、お腹だけは、間違いなく十二分に膨れます。
名前の由来は、開店当時、お客さんに言われたことを戒めにしているとか。私たちにはいまでもそのままのように感じられました。

まづいや (じーも)
葛飾区亀有3-17-1
03-3690-3759
月休
posted by エヌ柿 at 19:45| Comment(0) | 粉もん

2008年10月28日

蕎楽亭 (神楽坂)

実に久しぶり。

P1080024.jpg馬刺し。枡酒とぴったり合って、実においしい。

P1080025.jpg鮮烈に黄色い玉子で焼いた、出し巻き。おいしいハートたち(複数ハート)
やっぱり昨夜のものとは大違い。当たり前ですなパンチ

P1080026.jpg白子の天ぷら。
さっくり、ふんわり、とろっとして、濃厚。
驚異的においしいハートたち(複数ハート)

P1080027.jpgかけ。細いですが、しっかりしています。出汁もしょっぱすぎず、甘すぎず、おいしい。
P1080028.jpg2色盛り。ぼそっとせず、おいしいですが、自分の心の中で抱いていたイメージほど感動しません。
勝手に膨らませすぎていたのか、あるいはご主人が天ぷらにほぼ集中していてお弟子さんが茹でているせいかは分かりません。

有名店だけに予約も難しいですが、予約だけで全部は埋めていないので、頑張って早めに来れば入れる(こともある)のは有難い。
天ぷらのためだけにでも、ぜひまた来たいお店ですが、蕎麦やうどんも、またじっくり確認してみたいと思いました。

蕎楽亭 きょうらくてい
新宿区神楽坂3-6 神楽坂館1F
03-3269-3233
日祝休
月は夜のみ
posted by エヌ柿 at 19:00| Comment(0) | 蕎麦

2008年10月27日

麻布十番 3番勝負

本日は休暇をいただいて、ピカソ展をサントリー美術館と新国際美術館で堪能した後、雨が降ってきたので地下鉄で一駅移動。
あべちゃん、ビストロ十番、もち玉、と3軒をハシゴしました。

あべちゃんの焼とんは、わりと食べやすく感じました。秘伝のたれのせいでしょうか。
若い人中心ですが年配の方も多く、とても賑わってます。さすが有名店ですねexclamation

ビストロ十番は、飲み物がわりと充実していて、それだけだとけっこう安い。私たちは1杯ずつだったので、千円でしたひらめき
このあたりらしく、外人客が多いのが印象的。

もち玉はホッピーがあるのが目に付いて、一度は通り過ぎたのですが、後でまた立ち寄りました。さっきは誰一人として客がいなかったので、今度はかなり賑わっててビックリ。
P1080021.jpgなぜかカウンター越しのキッチンスタッフの服装が割烹っぽいのですが、頑張ってそうな感じの女子が作っている出し巻きは、ちょっとしょっぱい。自分としてはもう少し甘めの方が好きです。

P1080022.jpg駅近くで空を見上げると、東京タワーが。麻布十番って、なかなか侮れないですね。


あべちゃん本店 (eHills)
港区麻布十番2-1-1
日休

ビストロ十番スタンド (ぐるなび)
港区麻布十番2-1-9
03-5730-9777

麻布十番 もち玉
港区麻布十番2-2-8

TRUNG NGUYEN チュングエンダイニング (六本木)

残念ですが、今日はいろんなメニューが終了している模様。
豚肉冷麺と鶏肉フォーをいただくことにしました。
081027_1336~01.JPGフォーは、あっさりしてますが、優しい味わいでおいしい。
081027_1338~01.JPG冷麺は素麺のような感じですが、もう少しつるっとした食感。焼肉っぽい豚肉と野菜の上にチリ味のソースをかけると、甘辛でなかなかおいしい。
081027_1355~01.JPGアイスコーヒーはわりと甘め。
コーヒーはミルク入りなのでしょうか。ほんのり甘い。
...と思ったら、底に沈んでたようで、最後はかなり甘くなりました。

こちらは10月28日で閉店だそうです。なにぶん手狭なので... とお聞きしましたが移転・再オープンの予定ははっきりしていない様子でした。
感じ良さそうなお店なので残念ですが、その前に来られたのはラッキーでした。

[閉店]
ベトナム本格家庭料理
チュングエンダイニング六本木店
港区六本木7-3-14 東海ホワイトビルB1F
posted by エヌ柿 at 14:09| Comment(0) | その他エスニック

2008年10月26日

秀 (立石)

こちらは立石の居酒屋にしては、わりときれいで新しい感じ。
P1080018.jpgいわゆる下町ハイボールと独自の秀ハイ。違いはなんだか忘れてしまいましたパンチ

他にも生ホッピーなど、飲み物のメニューは豊富。生ホッピーは、白・黒・ハーフ&ハーフもありました...

こちらのモツ煮込みも、ちょっと私たちにはしょっぱい。煮込み方が浅めで、汁多めなのも、いわゆる下町居酒屋で共通している気がします。
東京すべて、ということはなさそうな気がしますので、隅田川より東だけかもしれませんが...

酒処 秀 ひで
03-5670-8739
葛飾区立石7-2-11
木休

鳥房 (立石)

下町の居酒屋とい、立石が有名だそうです。
バスに乗って訪れてみました。

日曜だけに閉まっているお店も多いのですが、こちらの有名店は営業中。
私たちは待つことなく、ちょうど入れましたが、お客さんとスタッフ、というかおばあちゃま方との会話によれば、普段はこんなものではないようです。

P1080016.jpg
こちらの名物はこの唐揚げ。これで半身です。
2度揚げしているそうで、カリッと揚がっていて、確かにおいしいひらめき このためだけにでも、わざわざ足を運ぶ価値はありそうです。

それに比べると他の鳥メニューは、やや見劣りする感じ。もっとも私が子供の頃鶏肉嫌いで、いまでもぐにゃっとした柔らか目の身が苦手なせいもあるかもしれません。
ワインもあったりしますが、下町のハイボールはなく、飲み物の選択肢もやや狭いかもしれません。

店頭で次々持ち帰るお客さん。その名前を覚えている様子のおかみさん。驚きました。

P1080017.jpg鳥料理 鳥房 とりふさ
葛飾区立石7-1-3
03-3697-7025
16:00-21:00
火休

2008年10月25日

バル・デ・オジャリア (銀座)

約3ヶ月ぶりに再訪。
P1070995.jpgとりあえず、いつものごとくマンサニージャから。
P1070996.jpgさんまの酢漬け。けっこう脂ものっていて、お酢浅めで、おいしい。
P1080001.jpg前回もいただいたモルシージャと空豆のアヒージョ。

メニューが整理されて、見慣れないカクテルなどもあるようです。
その中から...
P1080004.jpgイギリスの大学で決算日の無礼講でだけ飲まれていたというオロロソ+エールのオーディットエール。むむぅ眼鏡 変わったお味ですが、悪くはありません。ちょっとベルギービールのブリューンっぽいでしょうかexclamation&question
P1080005.jpgそして現地でも疲れを取るために飲まれていたというヴィネガー+ペドロヒメネス+ソーダのネグリータ。こちらはランビックというか、ファロっぽい感じもします。ほの甘くて黒酢のような味わいが、確かに疲労回復に良さそうひらめき

P1080007.jpg愛媛のみかんご飯をヒントにしたという、オレンジ色のオジャ、ルイ14世風。太陽王は日本の醤油好きだったという記録があるどんっ(衝撃) そうで、それにちなんでお醤油を一滴加えているそうです。確かに違和感なく、なかなかおいしい揺れるハート
メニューには載っていませんが、相談すれば出していただけると思います。
P1080008.jpgたまたまあった「アイスクリームにかけるお酒」をアイスクリームにかけていただきました。どなたかのお土産で、古酒で有名な達磨正宗のものだそうで、やはりお味は古酒。ペドロヒメネスかけも良いですが、こちらも不思議な味わい。珍品をありがとうございました。

P1080009.jpg珍品といえば、しっかりしたパロコルタード、とお願いしていただいたこちらも、元はイギリスのお店向けに作られながら、開店することがなく日本で引き取ったものだとか。とてもおいしいのですが、もうほぼ最後だそうです。

ほかにも以前営業をされてた際に作られた、漢字でシェリーを紹介するカードなど、おもしろいものをいろいろ拝見させていただき、とても楽しいひと時を過ごすことができました。
是非またこちらは訪れたいお店です。もちろん夜、カウンターでぴかぴか(新しい)

そういえば12月には2号店(?)が恵比寿にできるそうです。N瀬さんは引き続き銀座だそうですが、こちらも楽しみですね。

Bar de Ollaria
中央区銀座7-2 コリドー街1F
03-5568-8228
日祝休
posted by エヌ柿 at 19:00| Comment(0) | スペイン料理/ワイン/バル

ムット2号店 再び

先日訪問した際に、インドのお好み焼き(?)をキーマでできるよ、と聞いていたので、再訪しました。
P1070982.jpg飲み物は... 赤ワインをボトルで。結果的にはちょうどでした。しかも安いひらめき 2800円くらいですから、おすすめです。
P1070984.jpgとりあえずパパドをつまみながらメニューをチェック。
メニューにはそれらしいものが見当たりませんが、相談すると、できますよ、とのこと。

カウンター席だったので、お嬢さんが鉄板でうすーく、でっかく焼いているのが見えました。感激です。
P1070985.jpg
でかいexclamation 結果的にはウタポンではなく、ドーサになるそうです。中にはしっかりキーマも。
おいしいですね。

P1070986.jpg
チキンビリヤニ。
これまたおいしい黒ハート 手間がかかっていると思うのですが、こんなに安くていいんでしょうか。

P1070988.jpgもうちょっと食べられそうなので、チキンの唐揚げ(?)をいただきました。
そんなに長時間漬け込んでいないそうですが、味は染みてて、カラッとしていてウマイハートたち(複数ハート)
サラダもおいしい。

P1070987.jpg日替わりのカレーもちょっとだけ味見させていただきました。
生バナナにみたてた山芋とジャガイモのカレーだそうです。やさしい味ですね。

最初は私たち2人だけで、ちょっと心配でしたが、途中からお客さんも増えて一安心。空いてる間に、手での食べ方も教えてもらうことができました。
とても満足です。
とてもいいお店ですね。

南インド ティファン&レストラン ムット
新宿区百人町1-20-3 バラードハイム新宿渡辺ビル203
03-3364-8587
11:00-15:00、17:00-22:00
posted by エヌ柿 at 12:45| Comment(0) | カレー

2008年10月24日

ラムヤイ (東新宿/新大久保)

今夜はイサーン地方の料理をいただきにやってきました。
すぐ近くのトンタイにしようか迷いましたが、豚の血を使ったものなど、より変わったものがありそうなこちらに入ることにしました。
P1070970.jpgタイ風青パパイヤのサラダ、ソムタムタイ。さっぱりしていますが、けっこう辛い。でもおいしい。

P1070971.jpgタイ風焼き鳥、ガイヤーン。先日の南部風とは違って、わりとさっぱりした感じで甘くありませんし、さほど辛くもありません。が、カリっと焼けた皮がおいしい。2種類のタレのひとつは黒っぽくて馴染みのないもの。何なのか良く分かりませんが、ちょっとしょっぱくて、スイートチリソースよりおもしろい味わい。

P1070973.jpg自家製ソーセージと煎り米のサラダ、ネームクルック。
おこげのような食感と味わいが、クリスピーでおもしろい。ソーセージもかすかに発酵感があっていい感じ。あわせて出された葉っぱがなんだか良く分からないのですが、ちょっとすっとする感じで、サラダの中にも入っている感じがします。
ソーセージ単体だと、今日はない、と言われたのですが、こちらができるのはちょっと不思議でした。

P1070977.jpg海老と春雨の土鍋蒸し、クンオプウンセン。
メニューの写真では土鍋ですが、見ての通り、金属の平鍋(?)でやってきました。味がしみてて、なかなかおいしいですが、入っている豚肉のなかに、脂身ばかりのものがあって、うっかり食べてしまうとちょっと年寄りにはきついものがありました。
辛さがなく、ちょっと物足りない感じがして唐辛子をお願いすると、7種類(?)の調味セットが出てきて驚きました。ナッツや辣油っぽいものなど、変わった感じのものがあります。

P1070979.jpg豚の血入りアヒルラーメン、クイティオナムトックペット。
細いものと2種類から選べる麺は、太いものにしました。透明感がある、たぶん米麺だと思います。つるりとした食感で、あっさりして、おいしい。
生臭かったりはしないのですが、やはり血のせいでしょうか、濃い味わい。そう思って食べるせいもあり、またお腹がいっぱいだったこともあって、スープ全部は飲みきれませんでした。

とても辛い森のカレー、ゲーンパーもいただきたかったのですが、そこまでたどり着けませんでした。
また今後の課題ですねパンチ


ラムヤイ
新宿区大久保1-1-9 新宿フラワーハイムビル B1F
03-3205-3219
月〜土 15:00〜02:00(L.O.01:00) 日・祝 13:00〜24:00(L.O.23:00)
無休
posted by エヌ柿 at 18:30| Comment(0) | その他エスニック

メゾン・セルバンテス (市ヶ谷)

10月6日にオープンしたばかりらしいお店を訪れました。

けっこうにぎわっている様子。カウンターに案内されましたのは、かえってうれしいですが、おっさん一人というのは自分くらいに見えますふらふら
メインにサラダ、スープ、パエリア、デザートがつくCセット1500円をタラのフリット、アリオリソース添えでお願いしましょう。
081024_1208~01.JPGエスカベッシュにかかっているのは普通のドレッシングでしょうか。オリーブオイルとシェリービネガーならもっと良かったのですが。
スープはあっさり。にんにくが効いているわけでもなく、普通。入っているソーセージ片も一般的なものに感じられました。
081024_1217~01.JPGパエリアはダシが効いてなくて、味が薄い。黄色は強いですが、サフランの香りはさほどありません。食感は柔らかめで、ふっくらとはしていますが、炊き込みご飯感覚。
フリットの盛付けはきれいで衣はふわっとしていますが、タラの下味が弱い。フィッシュ&チップス的な味わいに感じます。

カウンターの向こうにスペイン人?のおばさんがいますが、お皿洗いが忙しそうな様子。たまに作り置きのエスカベッシュのサラダにドレッシングをかけて出したりしていますが、メインは奥のキッチンで作っている様子。
パエリアはアルミホイルで覆われた大きなパエジャーラ(?)に山盛り状態のところから、適宜おしゃもじ(!)で盛っている様子。
以前同系列の紀尾井町バルのランチで出てきた冷たくて固いパエジャよりはずっとましですが、まとめて作ったものから盛るという意味では似ているGOZOのものとは雲泥の差。あちらは少なくとも表面がフラットです。

店内の雰囲気は良いのですが、期待が高すぎたのか、正直ランチはがっかり。このあたりのランチでは、ポルトガル料理になりますがMANUEL CASA DE FADOの方が、ずっとおいしくてお得だと思います。
でも、また機会があれば別のメインか、あるいは夜も確認してみたいと思っています。

千代田区六番町2-9 セルバンテスビル セルバンテス文化センター東京 7F
10:30-17:00 カフェタイム
17:00-22:30 レストランタイム
03-5210-2990
日休

今だけかもしれませんが、セルバンテス文化センター東京の1F入ってすぐの受付にはドリンク1杯サービスの開店案内カードがありますので、夜行かれる方はもらっていけば良いと思います。
posted by エヌ柿 at 12:37| Comment(4) | スペイン料理/ワイン/バル

2008年10月23日

カリーバー ヘンドリックス (神宮前)

今日は野菜カレーにしようと思って来たのですが、野菜もたくさん入った辛口サラサラカレー、という説明に惹かれて、つい日替わりの豆と鶏肉のカレー900円を選んでしまいました。。
081023_1208~01.JPGほんとに野菜はたくさん。軽く煮込んだ感じです。なんとなく材料はピクルスと共通するような感じもします。
鶏はもう少しカリッと火が入っている感じの方が好きですが、あっさりとスパイシーなソースには合っていて、おいしい。
今日は初めてハーフのナンをいただきましたが、こちらのカレーには、ライスの方が合ってそうな気がしました。
posted by エヌ柿 at 12:34| Comment(0) | カレー

2008年10月22日

敗北... 札幌ドミニカ (銀座)

スープは原点の黄色、辛さ10、チキンでお願いしました。あとトッピングでトントロを追加。
P1070966.jpg凶暴そうな赤黒い色。
ううぅっ... 辛いふらふら
どろっとして酸味も感じる辛さの感じが、苦手なカレー革命や洞魔麗にも似た感じで、苦しさが増してきます爆弾
野菜は甘みがあってけっこうおいしい。
チキンはもうちょっとしっかりしている方が好みです。
トッピングのトントロは、甘めですがちょっと焦げたような味わいがして、自分にはいまひとつに感じられました。
ご飯はわりとしっかりしていて、スープカレーには合ってます。

結局スープは2割ほど残してしまいました。
くやしいですが、そろそろ辛いもの好き、という看板は下ろしたほうが良さそうに思えます。

スープカリー専門店 札幌ドミニカDOMINICA 銀座店
中央区京橋3-4-1 TM銀座ビル2F
03-3231-1347
無休
posted by エヌ柿 at 18:45| Comment(0) | カレー

モスでパスタ?

081022_1222~01.JPG神楽坂でみかけました。

5店しかないんですか... 他って、どこにあるんでしょうね。
そういえば、10月21日から日本3地域で限定メニューのキャンペーンがあるようですね。
http://www.mos.co.jp/cp/area/081021/ 音楽
マッシュルーム、タコかつさん、チキン南蛮と並んでいるのを見ると、やはりタコかつさんが一番気になってしまいますわーい(嬉しい顔) 関西人の性でしょうか...
posted by エヌ柿 at 12:31| Comment(0) | その他/日記

神楽坂 芝蘭

今日のお昼は、ちょっと足を伸ばして神楽坂へ。以前から一度来たかったこちらを訪れました。

神楽坂らしい、奥まった感じのところにある、高級な感じ。以前一度だけ訪れたことのある本店(板橋店)よりも随分洗練された感じでしょうか。もちろん汁なしタンタン麺1000円をいただきましょう。
081022_1207~01.JPGおおひらめき 赤い色ほどではない適度な辛さ、痺れる味わい。穏やかな酸味と甘みも良い感じです揺れるハート
麺はやや軟らか目の細麺。少量のスープに良く馴染んでます。

ワイルドな感じではありませんが、上品でかつインパクトある一品です。
さすがですね。
またそのうち、陳麻婆豆腐もいただいてみたいです。

神楽坂 芝蘭 (ぐるなび)
新宿区神楽坂3-1 クレール神楽坂2
03-5225-3225
日休
posted by エヌ柿 at 12:31| Comment(0) | 担々麺

2008年10月21日

四川一貫 (小川町)

以前担々麺をいただいた時は、変わってるけど自分の好みと違うな〜ふらふらと思って足が遠のいていて、今の場所に移ってからは初めてになります。

麻婆豆腐定食840円をいただきましょう。
081021_1242~01.JPGあっさりしてますが花椒もちゃんと効いていて、なかなかおいしい。
雰囲気もフレンドリーで良い意味街場のお店っぽいですが、やっぱり中身は本格的ですね。
夜はもっと辛い本格麻婆もあるようですし、違うメニューもいただいてみたい気になりました。

四川一貫 (しせんいっかん) (YAHOO! グルメ)
千代田区神田美土代町11-1
03-3291-9787
日祝休
posted by エヌ柿 at 12:51| Comment(0) | ランチ

2008年10月12日

鉄板焼き 栄八 (大正)

お昼が本格的過ぎた(?)ので、バールで時間をつぶしながら、夜のお店を検討。置かれていた雑誌の中から、大正の鉄板焼のお店に決定。

なんとなくサーファーっぽいカジュアルな感じのお店です。
P1070933.jpg沖縄料理のお店が多い大正ならでは(?)の、しまらっきょ。
普通のらっきょうの酢漬けは苦手な私ですが、こちらは大丈夫。

P1070934.jpgおなじく島どうふ。しっかりしていますが、びっくりするほど固くはありません。先日ANA機内誌にも載っていましたが、やはり現地で温かいものをいただいてみたいものです。
のってる塩辛との相性はまずまず。もしかしたら、九州の甘めの醤油が合うかもしれません。

P1070935.jpgやはり大正らしいひらめき ゴーヤ・スパム・チャンプル。スパムは久しぶりですが、それほどしつこくはありません。ジャンクだという感じはしますが... たまにはいいものですわーい(嬉しい顔)

P1070936.jpg油かすのトン平焼。油かすは紛れてちょっとわかりにくく、そのコクや味わいが出てるのかは、良く分かりませんパンチ 大量に入れるものでもないとは思いますが。

P1070938.jpgすじコンもやし炒め。甘辛い味わいは確かに合いますね。

P1070940.jpgテーブルの鉄板で自ら焼く、トンとろ、カルビ。当たり前ですが、焼いてるとどんどんちっちゃくなっていくのが、ちょっとさみしい。

P1070943.jpgシンプルなイカ玉。焼いてきたものを鉄板に置いてくれます。しかしここで問題発生。
大阪なのに、食べるためのコテがないちっ(怒った顔)
嫁さまは意地で焼く用の大きいコテで食べました。
お味はまずまず、といったところですが、私もこれは納得できません。

P1070945.jpg油かす焼そば。確かに油かすは確認できます。

近くのドームでの野球観戦やイベント参加の帰りなどに寄るには良いのかもしれませんね。
P1070946.jpg鉄板焼き 栄八
大阪市大正区三軒家西1-6-3
06-4394-5192
18:00-25:00
火休
posted by エヌ柿 at 18:00| Comment(0) | 粉もん

nono (大正)

鉄板焼のお店の開店まで、あたりを散策した後、こちらにちょっと入ってみました。

P1070929.jpgハチノスとセンマイのトマト煮。よくあるトリッパだとセンマイは入ってないような気もします。その分ちょっと変わった食感があります。
P1070930.jpg自家製スモークサーモン。普通です。

雰囲気は悪くなさそうですが、グラスワインの種類は少ないようです。私たちにはちょっと合わない感じもしますが、気軽に使えそうで、近所やこのあたりに用事があった際には、便利な感じはします。

P1070931.jpgnono
大阪市大正区三軒家西1-6-6
06-6552-3535
17:00-27:00
無休

EL PONIENTE OLA (福島)

与力様と3人で、9月27日にオープンしたばかりのEL PONIENTE OLAを訪れました。
どこなのかな? などと思いながらABCの方から歩いてくると、離れのようなモダンでおしゃれな建物が... 揺れるハート これは凄そうですね。

予約はしていたので、とりあえず入ってみると、いきなりオーナーシェフに迎えられて驚いてしまいました。オープンに際していただいた案内状では"集大成"とありましたが、なるほど、そんな感じでしょうか。店内もとてもシックで落ち着いた感じ。スタッフもしゃきっとした感じで、さりげなくジャケットなどで入りたい感じです。

夜昼ともコースのみ、とは聞いていましたので、Timon(舵)とVela(帆)の2種類をいただくことにしました。皿数が違うので難しいかも、とも思ったのですが、問題ないとのこと。ありがたいです。
スタッフの中には、以前Faroでお世話になった方もいらっしゃいますが、雰囲気が違うと、また印象も変ります。でも知った方にサービスしていただくと、緊張しそうな高級感の場所でも、多少リラックスできるのが助かります。

P1070917.jpgスタッフお勧めの白ワイン。確かにおいしいですが、かなりしっかりしているので、あっさりしたお料理だけでなく、お肉などでも十分いけそうな感じ。

P1070911.jpg新鮮なミルクのクァハーダ ダウロオイル風味。
牛乳のお豆腐のような感じ。穏やかな甘み。高級オリーブオイルの風味がアクセント。
いきなり、素敵な一品に参りました。

P1070912.jpg新鮮な味のマリネ 茴香と梨のソース。TIMONの一皿。

P1070913.jpgメロンと胡瓜のガスパッチョ・マンゴーのボール。VELAの一皿。
浮かんで見えるのがマンゴー。一口でいただくようにとのこと。とても面白い味わい。普通のガスパチョとは全く違いますが、ただトマトを使ってないだけでなく、アーモンドも浮かんではいますが白いガスパチョとも違う、やさしくて滋味ある味わいでしょうか。
とてもおいしい。

P1070914.jpgイカのブランチャ・イカ墨ソース添え。こちらもVELAの一皿。
広い四角のお皿に離れて盛られたイカと米。美しい。
ソースと付けあわせが複雑な味わい。シンプルなブランチャが3ランクぐらいアップしている感じがします。
最後に薄いスープで炊かれているのか、と思われる米をソースでいただくと、また美味ハートたち(複数ハート)

P1070915.jpgアサリとアーティチョークのアーモンド風味。TIMONの一皿。

P1070916.jpg中トロのアーモンド・ヘーゼルナッツ風味、グリーンカレーソース。VELAの一皿。
おお! 確かに表面が炙られて、中はふわっとじゅわっとしていて、まさにトロといった感じの仕事。ソースは軽くスパイシーですが、カレー、という感じはあまりしません。柔らかな甘みも印象的。

P1070919.jpgハタの白葱風味。こちらもVELAの一皿。
白葱は、一度焼いたものを使っているのでしょうか。野菜の甘みがとてもよいソースになっています。
ハタは柔らかいけどしっかりした身が、あっさりしていて葱にぴったり。

P1070920.jpg鯛とかに身の生姜風味。TIMONの一皿。
スペイン料理に生姜とは、意外な取り合わせですが、ちゃーんとおいしいひらめき 高度に昇華されている、という感じでしょうか。

P1070921.jpgVELAのお口直し? 青リンゴのシャーベット、生姜風味。
こちらも確かに生姜風味。不思議な味わいですが、おいしい。
こちらのガラスの器は中空の2重構造。驚きます。

P1070922.jpgTIMONのデザート。チョコですが、詳細は失念ふらふら
こちらのガラス器も2重構造ですが、底が開放。逆さにしても使えそう... に見えます。

P1070923.jpgこちらは自分で選んだVELAのデザートですが、やはり失念パンチ
爽やかな甘さが、レモンを絞ると、また一段とすっきり。

P1070924.jpgお菓子はワゴンから好きなだけ、選べますハートたち(複数ハート)

P1070925.jpg私はエスプレッソで締めくくり。

スタッフにお聞きすると、器はすべてガリシアの工房のものだとか。確かに模様もきれいで印象的ですが、ガラスもそうとは思いませんでした。いいですね黒ハート

途中、ちょっと少な目かな、と思いましたが、デザートまでのトータルでは、ちょうど良い感じ。ゆっくり、ゆったり、楽しみながらいただけたのも良かったのかもしれません。
ガッツリ、という感じではありませんが、大人のデートぴかぴか(新しい)にはぴったり、という気がします。

私たち自身はもっとカジュアルなFaroでどんどん飲んで食べて、の方が気楽で楽しいかもしれないですが、またメニューが変わった頃に、ぜひ訪れたいと思わせる素敵なお店です。
おススメです。

EL PONIENTE OLA
エルポニエンテ オラ

大阪市福島区福島1丁目 1-48-F
Hotarumachi
06-6453-9191

11:30-15:00 (L.O. 14:00)
18:00-23:00 (L.O. 21:30)
月休
火曜はディナーのみ
posted by エヌ柿 at 14:30| Comment(0) | スペイン料理/ワイン/バル

2008年10月11日

すっかりスタッフが変わっていたCumin (難波)

山三でけっこういただいてましたが、違うところ、ということで随分久しぶりのCuminに移動。

おや? 前回わりと感じの良かったスタッフの姿がない... というか総入れ換えのような気がします。まあ、間隔があいたから、仕方ないのでしょうか。
P1070903.jpg与力様にワインを選んでいただきましたが、独自輸入ゆえ、いまひとつ分かりにくい。私たちはもっと濃いものが好きですが、主としてフランスなので、これはもともと無理。
P1070904.jpg秋刀魚の燻製。
P1070905.jpgパテ。
P1070906.jpg生ハムは凡庸。まあ普通なのでしょう。

P1070907.jpg黒毛和牛カレー。前回ほどには感じませんでしたが、やはり私には濃くて甘い。

P1070909.jpgショートパスタdeカレー。ちょっと考えオチでは? という気がします。

P1070910.jpg等牛山豚ベーコンのポテトサラダ。「ひとしうしやま」ですか。最近はいろんなブランド豚がありますが、少なくともこのサラダでは、ありがたみは分かりません。というか、探してようやくそれらしい肉片がありました。

営業時間も通しではなくなった模様。いまのスタッフも私たちとは相性が良い感じがしません。ワインは相変わらずですので、また来たいという気はあまり起きなくなりそうです。

カレー&ワインCumin クミン (ぐるなび)
大阪市中央区難波1-7-16
06-6211-5593
11:30-15:00、17:00-23:00
月休