2008年03月25日

陳麻婆豆腐 (赤坂)

黒猫夜を訪ねてみたところ、今夜は満席とのことで、こちらへ。
P1060622.jpg
成都市本店の麻婆豆腐。ランチセットよりややお高い1280円ですが、ランチでいただいた際の印象とは異なり、一定の辛さと、ビシッと効いた花椒が印象的。甘みもおだやかでバランスがとれています。両が多すぎないのも助かります。
本場四川省のタンタン麺480円は、辛さと痺れる味わいはさほど強くはありませんが、一緒に出されたミル入りの花椒をバリバリかけると、いい感じになってきました。汁は無いというより一定程度あり、かわいい量的にも川菜館のものを思い出しました。麺はやや細めでつるりとした感じ。個人的にはもう少し汁に馴染む平麺が好きですが、これはこれで確立されたスタイルなのでしょう。

ランチと全く違うおいしさハートたち(複数ハート)に驚きました。
やはりお店の判断は難しいものだと痛感しました。とは言え、食べたことそのものは事実ではあるのですが... ふらふら

創業140年 中国名菜 陳麻婆豆腐 総店
www.chenmapo.com
千代田区永田町2-14-3 赤坂東急プラザB1
03-3539-5058
posted by エヌ柿 at 18:30| Comment(0) | 担々麺

2008年03月22日

あやむ屋 (福島)

開店時しか予約できないはずの「あやむ屋」。前回訪れたのは6年ほど前でしょうか? 最初は電話番号非公開で、行ったら満席。ショップカードをもらってやっと分かった電話番号で予約。かなり満足したら、後で大月さんがお酒を入れてると知った記憶があります。
もしかしたら... とあまり期待せずに行ってみると、入れました。1回転した後のはざまでしょうか。とにかくラッキーですわーい(嬉しい顔)
P1060602.jpgむねをワサビで。あっさりしていますが、やや塩強め。昔のイメージよりぐにゃっとして味が薄い気がします。
P1060603.jpgつくり盛り合わせ。新鮮でおいしいように思いますが、自分の頭の中ではどうしても「うずら屋」のものを思い出してしまいます。
P1060604.jpg
生つくねとムネのきずし。
ムネのきずしは、昆布の匂いと味がしたので、ただ酢で〆たのではなく実際には昆布〆のように感じました。変わっていておもしろい。
生つくねは、やはり「うずら屋」を思い出しますが、あちらの記憶にやや負け気味のような気がします。
P1060608.jpg
皮とねぎま。
皮はかりっとして好きですが、さらにかりっとしていても自分としては良いくらいです。
ねぎまの肉は、ちょっと柔らかくて、ジューシーというよりなんとなくぐにゃっとした印象を受けます。
P1060614.jpg
通天閣と手羽先をスパイスで。
通天閣はムネの軟骨だとか。変わっているのでつい頼んでしまいましたが、こりっとしておいしい。ただスパイスはさほど強くは感じません。ちょっとコリアンダーの香りがしたようにおもいましたので、どちらかというとハーブなのかもしれません。
手羽先も同様。
置かれていた花椒が珍しいと思いましたが、これと一味を振りかけてやると、それらしい雰囲気になってきました。たぶん塩強めなので、花椒の痺れる味わいがマッチする気がするのでしょう。
P1060618.jpg
白子醤油焼き、とりユッケ、スープ。
のっているうずらの卵? が異常に濃い感じがするユッケは、なかなかおいしい。
白子は食感は確かにとろっとしていますが、醤油で味がマスクされて良く分からないものになっている気がしました。
ほんとはご飯モノがいただきたかったのですが、すでに終了ということでスープだけいただきました。
P1060619.jpgちょっと早くないかな? と思いましたが、店を出ると既に店先の照明も落として閉店の様子。わりと早めなんですね。

すぐ向かいの野乃鳥はまだにぎやかで、スタッフが帰る客を送って出ている様子がみられました。以前から感じはあちらの方が良かった気もしますが、なんだか今は勢いもあちらの方が良さそうな感じがしました。
お味の方は、私たちの感覚の方が「うずら屋」等を経験して変わってきているのかもしれませんが、以前ほど感動することはありませんでした。

P1060607.jpgただ相変わらず飲み物はとても充実しています。
いただいた大月さん輸入のグーズ、Mort Subiteは800円と安く、焼き鳥にも合っておいしいですし、何よりこの酸味が人間としてよみがえるような感覚を覚えさせてくれます。
また昔と違って秋鹿は見当たりませんでしたが、竹鶴の純米は古酒を思わせるような濃い目の色合いと味でした。

立ち呑みぽっぽ亭 (福島)

Kusumotoのあてが外れてしまったので、本に載っていたあるこちらを訪れてみました。蓮生のすぐお隣ですね。
椅子を使うと200円、ただし60歳以上無料、というのがおもしろい。食べ物はいろんなものが黒板に書かれています。
P1060599.jpg豚平焼き。かわいくておしゃれな感じ。卵が半熟っぽくてとろりとした食感が、私には新鮮に感じられました。
P1060600.jpgポテトパフ。熱々で、揚げ物ですがしつこくなく、お味もあっさりしています。
P1060601.jpgカレーパン。本当に熱いexclamation 中のカレーもやや柔らかめで、印象に拍車をかけているのかもしれません。

一人でも入りやすく、タバコの匂いも意外に気になりにくく、お値段もリーズナブル。しかもお若い女性のご主人も感じが良い。これなら流行らないはずがないグッド(上向き矢印)と思いました。常連さんらしき方が静かに一人で飲んでいる様子も、いい感じです。
ただ、残念ながらグラスワインは赤白1種類だけでスパークリングはなく、ベルギービールやシェリーもないので、私たちが飲みたいものとはちょっと合っていない感じがしました。

大阪市福島区福島2-9-22
06-4796-2325

kamoshiya Kusumoto再訪のはずが...

1年ほど前に訪れて以来、また来たかったお店。前日23時頃電話すると19時で予約OKだったので、幸運を喜んで楽しみにしていました。

ところがお店に入ってみると...
予約がない?がく〜(落胆した顔)

よくよく確認してもらうと、前日19時からの予約になっていたとのこと。スタッフが間違えたとご主人が説明されましたが... 直接そのスタッフから聞いたわけではないので真相は分かりませんふらふら
予約時には、「来店しなかったら3,800円いただきます」などと言われ、過去訪問したことがあることや、携帯電話にかけなおしてもらっても良いと伝えていただけに、正直腹が立ちましたちっ(怒った顔)
またご主人は外に出て謝ってくれる一方、謝るだけで、例えば次回の優先予約の申し出などといったフォローはありません。
「そっちのミスでキャンセルになったのだから、反対に金を出せ!」などと言うつもりは毛頭ありませんが、予約時には高圧的な対応だっただけに、幻滅もまた深くなってしまいました。結局は客のことを真剣に考えてはいないのだと感じざるを得ません。
お料理はおいしいかもしれませんが、これでは人には薦められません。
posted by エヌ柿 at 19:00| Comment(0) | その他/日記

2008年03月19日

アジャンタ (麹町)

有名店を久しぶりに訪れました。
今日は2000円のスペシャルセットを、マトン、肉団子のコフタ、チャパティでお願いしましょう。ラッサム、飲み物付きです。
080319_1200~01.JPGラッサムは酸味とスパイスが効いていて、すばらしい。正直ランチで2000円はきついですが、ラッサムなしでナンしかえらべないBセット1500円との差額は、これだけで十分元をとったような気がしてしまいました。
肝心のカレーの方はベリーホットでお願いしたら、さすがに辛い。汗が出てきました。
マトンはややしょっぱい感じがしますが、マトンらしい味わいがおいしい。
コフタはスパイシーで爽やかな辛さとかすかな酸味がうれしい。
とても満足です。
080319_1228~01.JPGチャイはテーブルそばで高い位置から注いで泡立ててくれました。見た目のパフォーマンスも素敵ですね。

堪能しました。
またそのうちにドーサのセットなどもいただいてみたいものです。

2008年03月18日

成家料理 再訪 (十条)

前回担々麺を堪能したお店に、またやってきました。
P1060594.jpgまずは成家特性冷菜3種。豚耳と砂肝、鶏をちょっと甘くスパイシーに煮た温かいもの。辛くはありませんパンチ

P1060595.jpg四川風鶏肉炒め。適度に辛くて、痺れる花椒の味わいもしっかり。ちょっと見、酢豚みたいにも思えましたが、食感はともかく、味は酸味や甘さは感じられず、びしっとおいしいです。

P1060596.jpgどうしても一度食べてみたかった麻辣麺。
肉味噌状のトッピングがかかっていて、やはり混ぜるように指示されます。
P1060597.jpg混ぜるとみかけはちょっと見苦しくなるのも担々麺と同じ。でもお味はもっとあっさりした感じで、別物です。
麺が平たく幅広で、つるっとしているところはまったく違います。この食感は最近好きなものですが、もしかすると米麺でしょうか?

今回も堪能しました。
中華風ピザなども気になりますので、また訪れたいのですが、麺2種類を制覇してしまったので、ひとりではちょっと来にくいように思っています。
posted by エヌ柿 at 19:00| Comment(0) | その他エスニック

エル・アルボル (四谷)

今日は以前から気になっていたハヤシライス1000円を食べにきました。
080318_1208~01.JPGトマト味や酸味もなく、オーソドックスな洋食チックで普通においしいひらめきですが、ちょびっとスパイシーなミートボールがメキシコっぽい? アクセントになってます。

おばちゃんの元気な挨拶は誰にでも「おはようございます!」 最初自分だけかとおもってびっくりむかっ(怒り)してしまいましたが、フレンドリーな感じですね。
これで禁煙だともっとうれしいのですが。

夜だけの激辛メニューや今だけらしい生サボテンのステーキも気になりました。

EL ALBOL home9.highway.ne.jp/el-arbol/
新宿区四谷1-7 第2鹿倉ビル1F
03-3357-6868

2008年03月13日

四川風スパイス

P1060565.jpgしばらく前に、確か105円イズミヤで購入したS&B 四川風スパイス。時々活躍していますハートたち(複数ハート)
唐辛子と花椒の味わいをお手軽に強化してくれます。もっと痺れる味わいは強くても良いんじゃないか、とホントは思っているのですが、それでは一般にはうれないと思うのでしかたないでしょう。というか、いまでもそんなに売れてないかもしれません。

辣油は持ち歩くと漏れが心配ですが、これなら粉状なので、しっかりした袋に入れてやれば、Myスパイスとしてカバンに忍ばせることもできるかもしれません。名前ばかりの四川料理、担々麺や麻婆豆腐にぶち当たった時に使うことを妄想してしまいますパンチ

それにしてもS&Bさん、なかなかええもん作りますな。

posted by エヌ柿 at 23:00| Comment(0) | その他/日記

ムンバイ (四谷)

以前はEat Asianだったお店に入ってみました。インドに一番近い... と称しているだけあって、以前のお店ではあったタイ風カレーはさすがに姿を消しているようですが、その他はなんとなく似た感じもします。
今日は男性もいただけるレディーススペシャルセット980円をラムカレーとチキンカレーでお願いしましょう。辛さを示す唐辛子のアイコンは、ラムが3つ、チキンが2つです。
080313_1211~01.JPGライスはちょっと時間がかかるということなので、ミニライス+ミニナンではなく、普通サイズのナンでいただくことになりました。
ラムはちょっとマトンっぽい感じもしないではありませんが、しっかりしてそこそこ辛くておいしい。
チキンはわずかにココナッツの甘味もあって、ややチキンが柔らかめなのが残念ですが、バランスは良い気がします。
辛さ調節できます、とメニューには書かれているのですが、Very Hotとお願いすると、「ホットなソースつけます」とのこと。ちょっと残念。
サラダ、デザートもついて、量的にも自分にはちょうど良いくらい。ここにまた来るとしたら、やはりこのセットを違う組み合わせでいただくでしょう。

一度入ろうとした時もいっぱいでしたが、今日もどんどんお客さんが入ってきて驚きました。とても賑わっているようです。

そうかな〜とは思っていたのですが、やはりこちらは九段のお店の支店のようです。機会があれば本店にも一度は行ってみないといけませんかねぇたらーっ(汗)

インド料理 ムンバイ 四谷店 (ぐるなび)
www.eatwell.co.jp
新宿区四谷1-8-6 ホリナカビル2F
03-3350-0777

2008年03月12日

優優 (九段)

ずいぶん以前に、普通の担々麺、冷やし担々麺を食べたことがあったと思いますが、印象としてはいまひとつでした。が先日久しぶりに前を通った時、"黒ゴマ坦々麺カレー風味"というのが表のメニューにあるのに気が付いてしまいました。
私の好きなカレーと担々麺、合体したらどうなるんでしょうかドコモポイント やたら気になってしまいます。

今日はもちろんその黒ゴマ坦々麺カレー風味800円をお願いしましょう。
080312_1201~01.JPGむー。5, 6本浮いている唐辛子を4本程かじると、さすがに辛くはなりますが、痺れる味わいはありません。
中華麺らしい麺も固めで、ちっともスープに馴染みません。
結果的にはカレーラーメンにゴマと挽き肉炒めを足したような感じです。
まあ、ある意味予想した範囲のものではありましたが... ふらふら ただスープ自体はそれなりの味になっている気はしました。これで汁なしにして、麺を柔らかめの平麺にすれば、おもしろいかもしれません。

www.yuu-2.com
千代田区九段南3-2-4 岬ビルB1F
03-3239-2480
日祝休

2008年03月09日

偶 (北神戸)

このすぐ近くのホームセンターにお買い物に来るついでに、お好み焼きのチェーン店に入ってみました。
煮込みお好み焼き730円、たこだし680円、ホルモンうどん1000円をお願いしましょう。
080309_1246~01.JPGたこだし。
明石焼きっぽい感じで悪くはないですが、お出汁はあまりにもインスタントっぽいかつおだしのお味。まあ仕方ありませんか。
080309_1253~01.JPG煮込みお好み焼き。といってもこれではなんだか分かりませんね。
080309_1256~01.JPG断面には煮込んだ肉やこんにゃくなどがあって、なるほどという感じ。ただお味がやや濃い目で、それに全体が引きずられて負けている感じもしないではありません。
080309_1253~02.JPGホルモンうどん。甘味が強く、とにかく濃い味。アルミホイルにのせられて鉄板の上におかれるので、しばらくするとうどんがアルミホイルにくっついてしまいます。

やっぱりその場で焼いてもらってコテ(テコ)で食べないと、気分的に盛り上がりにくいですね。嫁さんの意見では、ソースもいまひとつとか。辛口と甘口の2種類はありますが、そういう気もします。

お好み焼 偶 神戸北店 (グルメぴあ)
神戸市北区八多町中44
078-951-6011
11:00-23:00 (L.O.22:30)
無休
posted by エヌ柿 at 13:40| Comment(0) | ランチ (阪神 - 近所)

2008年03月08日

ル シャレー グルマン (宝塚)

以前一度来た時には定休日だった野上のお店にやっと来れました。
2940円のロワールコースをいただくことにしました。
080308_1358~01.JPG前菜盛合わせ。

080308_1404~01.JPGグリーンピースのスープ。野菜らしい味が強めですが、甘くておいしい。

080308_1408~01.JPGお肉でお願いしたおまかせのメインは豚。すごく軟らかいです。

080308_1421~01.JPGデザートはチョコ味のクレーム・ブリュレみたいな感じ。

全体にお値段相応においしいかな、と感じました。
ただシェフさんがお一人でサービスもされていて、ちょっと無愛想な印象を受けたのが残念でした。時間がずれていたせいか、他にはお客さんがいなかったので、それほど忙しくはなさそうだったのですが...

ル シャレー グルマン Le chalet gourmand
www.geocities.jp/chalet03jp/
宝塚市 野上3丁目13-4
0797-71-5007
11:30-14:30 (L.O)
17:30-21:00 (L.O)
月休
posted by エヌ柿 at 14:32| Comment(0) | ランチ (阪神 - 近所)

2008年03月07日

Alla Paceでコマンダリアを堪能 (福島)

やはりミーツに載っていた、地中海料理のお店に移動しました。
細い路地のどんつきあたりにあるので、知らないとちょっと見つけにくいかもしれません。
店内はかわいくてすっきりした感じ。私たちはカウンターでしたが、奥にテーブル席もあるようです。

P1060554.jpgけっこうお腹はいっぱいなので軽いものを... と思いながら、まずはツァチキとタラモサラダそれにピタパンのおすすめセットをいただきました。
タラモサラダは馴染み深い普通のお味ですが、ツァチキはヨーグルト味に加えて何か爽やかな感じでおいしい。あたたかいピタパンにのせて食べるとさらに味わい深い気がしました。

P1060555.jpgサガナキ。キプロスのチーズを焼いたもの。家では食べたことあるような気もしますが、しょっぱくてワインに良く合います。

P1060557.jpgパーナ貝のウゾ蒸し。
ムール貝は最近日本でもけっこう養殖されているようですが、一回り大きいパーナ貝は、まだ輸入だそうです。ウゾのクセのある香りが漂って、けっこうおいしいハートたち(複数ハート)

P1060561.jpgドルチェは何だったか... 記憶にございませんパンチ

P1060562.jpg既に片付けに入っているのに、ワインがまだ空かないのでお願いしたゲミステス。
野菜がおいしい(気がしますたらーっ(汗))

P1060556.jpg
最初グラスでいただいたのはOthello(写真中)の後、ボトルなら絶対キプロスのワインをいただこう、と思っていたのですが、こちらの方がしっかりしている、と聞いてあっさりギリシャのに転んでしまいました。なかなかおいしいです。
最後にいただいたのはCommandaria St.John。
これはうまいハートたち(複数ハート)
キプロスのデザートワインだそうで、ポルト、シェリーと並んで世界3大甘味ワインのひとつとも言われるそうです。

お店をされているお二人の感じも良く、また機会があれば訪れてみたいと思いました。

Alla Pace アッラパーチェ
www.allapace.com/
大阪市福島区福島3-8-9
06-6453-115317:00-23:00
月休
posted by エヌ柿 at 21:45| Comment(2) | ワイン

鉄板ダイニング 凡 (福島)

今月のミーツは福島特集。しっかり載ってましたが、それ以前にeoグルメで知って気になっていたお店を訪れてみました。
P1060546.jpg
日本酒、焼酎がいろいろありますが、私は最初スパークリングワインをいただくことにしました。スタッフがちょっと勘違いしたみたいで、グラスでお願いしたにもかかわらず小ボトルを置いていって面食らいましたが、お母ちゃんが気づいてくれて事なきを得ました。やまやのCAVAでしたね。
付き出しはだだ茶豆のお豆腐。アンデスのお塩を少しかけみるように勧められました。わりと濃くて甘いです。ただ以前ブラッセルズでもっと濃い味の茶豆をいただいた気がしますので、スタッフに「いかがですか」といかにも凄いように尋ねられましたが、そこまでとは感じませんでしたので、そう答えてしまいました。
どて焼きは良く煮込まれているような感じで肉は柔らかいのですが、汁は味こそ濃いものの、しつこくはなく、おいしくいただきました。

P1060548.jpgトマト焼きそば。
麺がやや柔らかめで、担々麺につかったらちょうど良さそうに感じましたひらめき
それはさておき、トマトの酸味が意外にうまくマッチしていて、私は嫌いではありません。嫁さんは中華の焼きそばっぽくて、お好みの焼きそばらしくない印象を受けるようで、そのあたりが不満そうでした。

P1060553.jpgピザ風お好み焼き。
いったんお好み焼きの生地を焼いておいて、その上からピザソースや具をのせて、オーブンで焼くようです。
お味はピザのようで、ベースはやはりお好み焼きで、変わっています。ただピザとしては昔よくあったもののような感じですし、ソースやマヨネーズの味がないのでお好み焼きとしても物足りない印象もあります。結局タバスコをどばっとかけてしまう破目になったので、私たちにとっては成功とは言えないような気がします。

バジル好きらしいお母ちゃんと、バジルは好きではないらしい兄ちゃんの接客は良いのですが、数人の若い女性スタッフはキッチンの方にいることが多く、客席の様子をあまり把握していないようです。お酒や料理のこともあまり分かっていない様子で、まだ勉強中かもしれませんが、残念です。
赤ワインで飲んでみたいスペインのものもあったのですが、ボトルだけでグラスではいただけないそうなので、断念しました。まあ、そんなに出ないでしょうから、仕方ないですね。

また機会があれば、普通のお好み焼きで本当の実力を知りたいものです。たぶん嫁さんがやっておいてくれるだろうと思いますが... 揺れるハート

鉄板ダイニング 凡
www.okonomiyaki-bon.com/
大阪市福島区福島1-2-18 北大阪ビル3F
06-6454-0074
18:00-26:00 (日祝 -23:00)
月、第1・3日休
posted by エヌ柿 at 20:00| Comment(0) | 粉もん

2008年03月06日

カンチャナ (九段下)

080306_1208~01.JPG2種のチキンやえびにも迷いましたが、今日はマトンカリー1000円を激辛+50円でお願いしました。
シャープな辛さですが、出汁も効いていて、あっさりしています。
ネギのような固いハーブ?が入ってましたが、何でしょうか。
マトンらしいしっかりした味わいはありますが、メニューの説明通り脂は感じません。

2008年03月05日

カリーシュダ (茅場町)

今夜はお気に入りのカレー屋さん500でも2007.2〜2008.2のマイベスト10で5位だったお店を訪れました。
カウンターと小さなテーブルだけですが、閉店時間が近いと思われるのに4人のお客さんが賑やかに議論されていました。ご主人はにこやかに淡々と仕事を進められていて、好感度大です。

4種類のカレーから、日替わりのひとつ、牛ほほ肉のカレー(ホット)とマンゴラッシーをお願いしました。
セットでついてくるサラダにかけるドレッシングも自家製なんですね。しかも塩やオリーブオイルもこだわりの様子。確かにさっぱりとおいしい気がします。
P1060514.jpg良いスパイスの香り。一見どろっとしているようですが、水分が少なめなだけでさらっとしています。
最初の一瞬、しょっぱいように感じるのは昨夜と似ていますが、同様に実際にはそんなことはありません。スパイシーでありながら甘味もしっかりあるのは玉葱からでしょうか?
ついチリパウダーで辛さを調整してしまいましたが、本来のバランスは出されたままが最高かもしれません。でも辛くしてもそれに負けることはなく、それはそれでおいしくいただけました。
お肉もほろっと仕上がっていますが、元はしっかりしていて濃い味わい。もしかするとイベリコでしょうか?
ご飯もかすかに甘いようでおいしいです。

マンゴラッシーも、濃厚でありながらあっさりした味わい。甘さが強いものがやや苦手なので、こんなにおいしいのは久々のような気がしました。

またぜひ訪れたいお店です。

カリーシュダ
www.1stop.co.jp/
中央区新川1-9-9
03-5541-3188
11:30-14:00、17:00-19:30
土日祝休
posted by エヌ柿 at 19:20| Comment(0) | カレー

小洞天 (麹町)

以前からあるのは気付いていた上海料理のお店に入ってみました。
最初メニューにないのか、と思いましたが、少子湯麺(挽肉そば)730円が担担麺にあたるそうです。いただきましょう。
080305_1206~01.JPG確かにそこそこピリっと辛く、細麺もつるっとしてて悪くありません。挽肉と一緒に干し椎茸も炒められているようで、その分の出汁も少し出ているような気もしました。
が、残念ながらゴマのコクや深み、花椒の痺れる味わいはなく、ストレートであっさりめの味わいです。つい、先日入手した四川風スパイスをかけたくなりましたパンチ
テーブルにおかれたザーサイは、ちょっとしょっぱすぎる気がしましたが、ご飯だったら良いのかもしれません。

けっこう混み合って繁盛しているようです。
今日のランチのセットにあった、四川風春雨はちょっと気になりましたが、再訪するとしてもサイクル的には相当先になりそうな気がします。

小洞天 (グルメぴあ)
千代田区二番町11-9ダイアパレス102号
03-3264-4669
土日祝休

2008年03月04日

京橋屋カレー

どこに行こうか、ずいぶん悩んだ末、今夜はこちらを訪れることにしました。
最初は間違えて、札幌ドミニカがある向かって右手の道を進んでしまったのですが、小雨が降る中、ぐるぐる歩き回っていると案内の看板を見つけることができました。最初から"辛党のおっさん"さんの訪問記事を確認しておくべきでした...ふらふら まあ結局分かったのですから、良しとしましょう。

京橋大根カレーもとても気になったのですが、初めてなので初心者らしく辛口地鶏カレーとキーマのツインカレーをいただくことにしました。
P1060513.jpg見るからにおいしそうです。
辛口地鶏カレーはびっくりするほど辛いわけではありませんが、粗い目のスパイス、それにきっとハーブもけっこう入っているような感じ。最初なぜかしょっぱめのような気がしたのですが、塩分が多いわけではなく、何かスパイスなどの作用ではないかと思いました。
チキンもしっかりしていながらあっさりしたツナのような感じ。決してパサパサなどしていません。
キーマも鶏の挽肉がジューシーでしっかりしています。水分が少ないだけで粘度は高くなく、やはりさっぱりしています。辛さは確かに辛口地鶏カレーよりもやや抑え目。スパイスはきちんと効いていますので、もしかしたら人によっては辛く感じるかもしれません。
ごはんもべったりとせず、良い炊き加減に思えました。量的にも最近の私にはちょうど良いのですが、若い人などでは少なめに感じるかもしれません。ただ不思議なことに、スパイスで食欲が増進されたのか、満腹感はあるのに、後になってもう少し食べたい気がしてきました。

お店もきれいですし、ご主人もいかにも実直な感じ。
今度は野菜を味わいに再訪したいものです。

京橋屋カレー
michi-on.com/kyobashiya/
中央区京橋3-4-3千成ビル2階
03-5203-2810
11:30-15:00、18:00-21:00
不定休
posted by エヌ柿 at 20:10| Comment(0) | カレー

2008年03月01日

巴里的印度亞咖哩10区 (箕面)

テニスが雨でお休みになったので、大月さんのところへお出かけするついでに、"『辛くできますか?』激辛・旨辛カレー"へのコメントで知ったお店を訪れることにしました。
が、電話でも確認はしていたつもりだったのですが、駐車場が分かりにくい〜どんっ(衝撃) それでもぐるぐる回った末、なんとかたどり着きました。
すごく種類が多いらしい、と思ったのですが、この日はカニのカレー"クラブマサラ"と"ドテカレー"、そしてドテカレーを使ったオムカレーの計3種類だけ。夏になるとお客さんも多く、カレーの種類も増えるそうです。
P1060508.jpgクラブマサラ。
確かに蟹らしい味わいはありますが、生臭さは感じません。たいして辛くはありませんが、かなりスパイシーなせいでしょうか。
P1060510.jpgドテカレー。
甘くて脂を感じますが、しつこくはありありません。もう少し辛いと、さらにクセになりそうな感じかもしれません。
どちらも、ご飯がやや多めに感じましたが、若い人なら問題はないでしょう。

P1060511.jpgたまごプリンとカレーについてくる飲み物で選んだチャイ。
メニューに書かれているほど柔らかい気はしません。一度は食べてみたかったですが、カレーほどの感激はありません。

全体にお値段は高めですが、お味は確かにおいしい。夏になったら、もっと辛いらしいボンベイカレーなどにチャレンジしに再訪したいものです。

P1060512.jpg巴里的印度亞咖哩 パリ的インドアカリー10区
www.eonet.ne.jp/~10ku/
箕面市新稲1-2-7
072-723-7047
12:00-14:30
18:00-22:30
水木休
posted by エヌ柿 at 12:50| Comment(2) | カレー